RSS    

    テレビ

    1: Time Traveler ★ 2020/07/13(月) 11:09:26.14 ID:uiyLHLUt9
    jprime.ismcdn.jp_mwimgs

    フジテレビ『ザ・ノンフィクション』に12年間にわたってフェイクを流されてきたと告発するマキさん(左)、ジョンさん(右)


    「全8回の放送とダイジェスト版とで計9回。12年間にわたってフェイクを流されてきました」

     と告発したのは、『マキさんの老後』シリーズでおなじみのマキさんだ。

     日曜日の午後2時からフジテレビで放送されている『ザ・ノンフィクション』。放送開始は1995年10月で、25年も続いている長寿番組だ。

     その中でも人気なのがオカマのマキさんとオナベのジョンさんのアベコベ夫婦の生活を淡々と追う『マキさんの老後』シリーズ。最初に登場したのは’08年で、以降はほぼ年1ペースで登場。気性の激しいマキさんとそれをなだめ、耐えるジョンさんの姿が視聴者の心をつかんだのだが。

    「これもねぇ、嘘なんですよ。私たちケンカなんかほとんどしませんから」

     とマキさん。いったいなぜ今、告発に踏み切ったのか。

    「『テラスハウス』の木村花さんの自殺がありましたよね。私も番組出演時にはアンチサイトまでできるほど叩かれました。それはひどい罵詈雑言が書かれておりましたよ」

     出演中には裏話をすることは避けていたが、卒業した今、番組演出のあり方について“リアリティー番組の先輩”として苦言を呈することにした。

    悲惨でかわいそうな演出

    「私が『ザ・ノンフィクション』出演の話を持ってきたとき、ジョンは怒ったんですよ。マキちゃん、あの番組がどんな番組か知っているの? って。私は番組を見たことなかったので、男のディレクターの口車に乗せられちゃったんですよ」

     マキさんに出演の話が来たのは他局のバラエティー番組に“オカマとオナベのアベコベ夫婦”として出演していたときのこと。

    「それは30分番組だったんです。そうしたら『ザ・ノンフィクション』のディレクターが“1時間、自分たちだけ出ずっぱりで気持ちいいですよ”“骨のあるドキュメンタリーにします”なんて言うわけ。それで出ることになったんですが……」

     1年間、朝から晩まで密着されてギャラは20万円程度。台本のようなものを渡され、「ドラマなんだと割り切りました」と、マキさん。

     初回放送を見た周囲の反応で番組の意図を知った。

    「その日はリアルタイムで放送を見られなかったんですが、お友達から“マキちゃんまだ48歳で老後ってひどいわよ”ってメールがきました。『ザ・ノンフィクション』はとにかく暗く撮るんです。私たちには“彫りが深く見えるから照明は暗くしましょう”と言っていたのに映し出されていたのは現実よりもえらく老け込んだ姿。暗い照明のおかげで、くっきりと濃いシワが刻まれていました」

     ジョンさんが続ける。

    「私は番組を見たことがあったので、マキちゃんに言ったんですよ。あの番組は悲惨でかわいそうな人を見て視聴者の方が優越感に浸るためのものなんだよ、と。初回を見ても驚きはしなかったですね」

     その後も、

    「やらせ、ねつ造、仕込み、はめ込みのオンパレード! ノンフィクションではなくてザ・半フィクションと呼んでいます。ノンフィクションは実在の人物というだけ! マキは老け役、ブス役、汚れ役でジョンはかわいそうなおばあちゃん。そういうふうに撮っていた」

     と、マキさん。約束の8回を終えたらすっぱりやめようと割り切って続けたものの、マキさんの傍若無人な振る舞いの演出がアンチサイトまで生み、実生活でも被害を受けていく。

    「ジョンと2人で歩いていたら、“ジョンさんかわいそうに。あんたは大嫌いっ”といきなり暴言を吐かれたり、死ねなどと書き込みをされたり。私たちは2人だから耐えられましたけど、ひとりぼっちでアンチサイトなんか見てたら木村花さんみたいに死んじゃったかもしれませんよ」

    週刊女性2020年7月21日号
    https://www.jprime.jp/articles/-/18338 
    【【フジテレビ】『ザ・ノンフィクション』の13年間にも渡る“過剰演出”を出演者が告発! 悲惨な「やらせ」一部始終】の続きを読む

    1: ヴァイヴァー ★ 2020/07/12(日) 14:09:58.50 ID:kqxqfJdX9
    指原莉乃、木下優樹菜引退で衝撃発言 松本人志も「どえらいもの投下」と驚き

    12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、6日に芸能界引退を発表した木下優樹菜の騒動が、大きく話題に。ゲストコメン
    テーターとして招かれた指原莉乃の持論に、注目が集まっている。

    ■「芸能界って恐ろしい」

    タピオカ騒動を受け「芸能界ってめっちゃ恐ろしい」と感じたという指原。その真意について、語り始める。

    「芸能界って運とかでバーって売れることがある」「昔ヤンチャしてましたって人とか、一般常識ないですよって人とか(が面白がられ
    たりする)」と話し、そのようにして持ち上げられていくことによって、感覚が麻痺していくことを示唆。

    最終的には一般社会との感覚のズレが生まれていくとし、「普通の社会の人と交わったらこんなことになってしまう(のか)」と驚いた
    という。

    関連記事:指原莉乃が語る“時期はずれ”の症状 「自分もなってる」と共感相次ぐ
    ■「憧れカップル」に疑問

    さらに藤本敏史と婚姻関係にあった時代に「憧れカップル」とされていたことを挙げ、「誰か本当に憧れてたんですかね」とスタジオに
    問いかける指原。この発言に松本人志も「最後にど偉いもの投下するの止めて」とツッコミ。

    笑いながらも指原は「メディアが持ち上げてるんじゃないかなって思うんですよ」と続ける。MCから「指原さんは一度も憧れたことはな
    いんですか?」と問われると、「芸能人としては憧れる」としながらも、「(夫婦としては)ない」ときっぱり。

    「メディアが持ち上げるからこんなことになっちゃう。気持ちが偉くなっちゃって」と持論を展開した。

    ■「すごいぶっちゃけ」

    松本も「ど偉い」と評した指原の衝撃発言に、視聴者からも「さっしーがすごいぶっちゃけてる」「そこに切り込むのはさすが」と驚き
    の声が。

    また指原と同様に、「あれは本当にメディア側が作り出したイメージだと思う」「正直、憧れってほどではなかったな…」といったコメ
    ントも見られた。

    ■憧れの芸能人夫婦はいる?

    かつては藤本とのツーショットをSNSなどにアップし、「仲良し」「理想の夫婦」といったコメントで溢れかえっていたコメント欄。こう
    したことから素直に憧れていた人は一定数いると思われるが、一方で「作られた印象」という側面もあるのかもしれない。

    では、そもそも「芸能人夫婦に憧れている人」というのはどれほどいるのだろうか。しらべぇ編集部が、全国10?60代の男女1,721名を対
    象に調査を実施したところ、その該当者は14.7%となった。
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0712/srb_200712_5504122532.html

    指原莉乃(27)
    eKHeIvP

    【【テレビ】指原莉乃 「木下優樹菜夫妻に本当に誰か憧れてたんですか?」】の続きを読む

    1: れいおφ ★ 2020/07/11(土) 20:14:49.30 ID:fy3CVSBr9
    Screenshot_2020- (9)

    出演者の女子プロレスラー・木村花さんが逝去したことで打ち切りとなったリアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系・Netflix)。
    同番組のヤラセについて、7月8日付の『文春オンライン』にて、元出演者の小林快さんがその重い口を開いた。

    小林さんといえば、木村さんがネット上で炎上するキッカケになった〝コスチューム洗濯事件〟に深く関わった人物。

    小林さんが洗濯機で洗濯・乾燥を行ったところ、そこには木村さんの仕事着であるプロレス衣装も入っており、思い出の詰まった試合衣装は縮んで色落ちし、木村さんは激怒。
    小林さんがかぶっていた帽子をたたき落とすなどの暴力的な行動をしたところ、ネットで大炎上することになった。

    同記事では、小林さんが番組スタッフからヤラセの指示を受けたことがあると証言。
    2月18日配信の第33話で、2人がトランポリンデートをした際、番組ADから「トランポリンするだけじゃあ面白くないから」「オッパイとか触ったら」と提案されたことを告白。

    彼は《「それは違うでしょ」と断ったけど、こういう無茶ぶりは日常茶飯事。スタッフが求めているのは恋愛とハプニング。
    そしてSNSでの炎上を狙っていた》と、番組ではネット炎上を意図的に狙った〝ヤラセ〟があったと証言している。

    さらに、7月2日発売の『週刊文春』誌上でも、木村さんの母親がヤラセを告発。大炎上した〝コスチューム洗濯事件〟にて、木村さんが小林さんをビンタするよう、スタッフが促していたという。

    ここで思い返したいのが、木村さん亡き後、各局ワイドショーMCたちの発言だ。

    大物芸能人たちはネットだけを悪者にしていた…!

    『ダウンタウン』松本人志は、5月31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「やっぱり匿名で誹謗中傷している奴らが一番悪いに決まってて、番組が悪いとか番組の演出がどうたらとなっていくのが僕はちょっと…」と制作側を擁護している。

    立川志らくは5月25日放送の『グッとラック!』(TBS系)で、「誹謗中傷するなんて本当に数%、1~2%のワケの分からないやつ」とした上で、「こうした連中をどうやって排除していくかってことですよね」と、敵意をあらわに。

    和田アキ子に至っては5月24日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)にて、「バラエティーなんかで『こう言って下さい』とか『強く怒って下さい』って(演出されることは)よくある」とし、「それを(視聴者に)そのまんま捉えられて何か言われるの、もうかなわないよね」と、辟易した様子で視聴者をチクリ。

    さらに坂上忍も『バイキング』(フジテレビ系)にて、視聴者への責任を追及していた。

    「芸能人の言い分で共通しているのは、制作ではなく〝ネット民・視聴者のせい〟にしている点。誹謗中傷が悪いことに間違いはありませんが、番組側が意図的に視聴者を駆り立て、炎上をコントロールしていたとなれば話は変わってきます。殴りかかるように人をあおっておいて、『先に手を出した方が悪い』と主張するのは筋が通りませんよね…」(ネットメディア編集者)

    関係者の暴露に、現在、ネット上では、

    《ネットだけが悪いと言った松本と坂上どうすんの? もちろんテラハなんて見て真に受けて誹謗中傷してたアホが悪いのは前提だから その上でそれを操ってた制作側に対してどう思うかだ》
    《こんなんフジテレビが殺したも同然やん、それも責任をSNSの炎上に見せかけて悪ど過ぎる》
    《これワイドショーで報道しろよ 誹謗中傷という言葉で全責任ネットに押し付けたこと謝れよ》
    《全部ネットに責任押し付けてよ~ ほんとズルいよなメディアの連中も芸能人も》
    《せっかくSNSに全責任押し付けられそうな雰囲気だったのに続々と番組の情報が出てくるなw》
    《フジテレビの悪行が明るみになったら、ネットが悪とほざいていたこいつらはだんまりだからね》

    などと〝都合良く〟責任逃れをしているとの指摘の声が多く上がっている。

    果たして、テレビの責任を追及する芸能人は現れるのだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-724989/

    【【テラハやらせ発覚】ネット・視聴者に責任を押し付けた芸能人たち…「ネットが悪とほざいていたこいつらはだんまり」「謝れよ」の声】の続きを読む

    1: Time Traveler ★ 2020/07/08(水) 16:09:05.86 ID:lWWgdgko9
    20200527-00010004-kaiyou-000-3-view
    「週刊文春」7月2日発売号で報じた 「テラスハウス」(フジテレビ/Netflix)のやらせ疑惑 。5月23日に自ら命を絶った木村花さん(享年22)の母・響子さん(43)がインタビューに応じ、自殺の原因となった同番組の「コスチューム事件」で、花さんが番組スタッフから「ビンタしたらいいじゃん」と指示を受けていたことを明かした。

     響子さんが告発したやらせ疑惑について、フジテレビの遠藤龍之介社長と大多亮常務は、7月3日の会見で「番組検証の過程で『ビンタをしろ』とスタッフが指示した事実はでてきておりません。感情表現を捻じ曲げるような指示は出していないということでございます」などと、スタッフの指示を完全否定。

     だが今回、炎上した「コスチューム事件」で花さんに帽子をはたき落とされた小林快さん(25)が「週刊文春」の取材に応じ、新たなやらせ疑惑、テラスハウスでやらせが常態化している実態について証言した。

     快さんが花さんから「コスチューム事件」の真相を明かされたのは、花さんが自ら命を絶つ8日前、5月15日のことだった。

    「僕から『今まで返事ができなくてごめん』と花にLINEを送ると、花から電話がかかってきて20分ほど話しました。花はあのこと(「コスチューム事件」)がなかったかのように普通に接してくれた。『(誹謗中傷する)人たちの意見は全く関係ないと分かったの』って言うから大丈夫だと思って電話を切ったんだけど……」

     快さんも花さん同様、スタッフからやらせの指示を受けたことがあると証言する。

     2月18日配信の第33話。2人が初デートで都内にあるトランポリン専用のアミューズメント施設に出かけた時のことだった。

    「番組ADが僕に軽いノリで『トランポリンするだけじゃあ面白くないから』ってささやいてきた。それから『オッパイとか触ったら』と指示されたのです。『それは違うでしょ』と断ったけど、こういう無茶ぶりは日常茶飯事。スタッフが求めているのは恋愛とハプニング。そしてSNSでの炎上を狙っていた」

    「コスチューム事件」の当事者である花さんと快さんの2人が揃ってやらせを証言した事実は重い。「感情表現を捻じ曲げる指示はない」というフジの検証の信憑性が問われそうだ。

     7月9日(木)発売の「週刊文春」では、快さんが語った花さんへの思い、フジが出演者を「5つ星ホテルのスイートルーム」で接待していたこと、第三者を加えない杜撰な社内調査の実態、番組で横行していたやらせ行為の詳細などについて、4ページにわたって報じている。

    https://bunshun.jp/articles/-/38865


    元スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594192145/

    【【フジテレビ】「花さんのオッパイをさわれ」と指示…『テラスハウス』やらせ で、男性出演者・小林快さんも実名証言】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2020/07/04(土) 07:03:57.36 ID:PczZjYvB9
    20200702-00000002-pseven-000-3-view
     関西の女帝の異名を取るタレントの上沼恵美子(65)が6月の番組収録で「キングコング」梶原雄太(39)を約20分にわたって罵倒し、降板に追い込む事態に発展。周囲のスタッフからは今後の“暴走”を心配する声が上がっている。

     上沼は関西で冠番組を多数持ち、主に可愛がっているタレントで周りを固めてきた。その中で突如、目をかけてきた梶原を集中攻撃。6月中旬に収録が行われた関西テレビ「快傑えみちゃんねる」の一部がお蔵入りとなった。

     スポニチ本紙では、その詳細な状況を確認。上沼は梶原に「何度もおごってきたのに義理を欠いている」と詰め寄り、1人10万円の高級料亭に招待するよう求めた。梶原が渋ると「あんた東京へ、はよ帰りや」などと激しい言葉を掛け続けた。「あなた、途中から入ってきた子やんか。この番組に最初からブッキングされた司会者ちゃうやんか」と吐き捨てる場面もあった。

     他の共演者も口を挟むことができず困った表情を浮かべるばかり。スタッフは「公開処刑のようでした。たまに笑いは挟むものの梶原さんは収録中、顔が引きつっていた。女帝にあれだけ言われたら精神的にかなりきつい」と証言した。

     関係者によると、この出来事を機に、梶原は自ら同番組と、隔週レギュラーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」の降板を申し入れたという。すると6月29日の「…こころ晴天」で、上沼は梶原の降板を本人不在の場でいきなり発表。その理由を「東京から行ったり来たりがしんどいということで」と説明した。

     別のスタッフによると、「梶原は“そんな理由ではない。事実ではないので修正したい”とすぐに周囲に相談したそうです」。その後、梶原はSNSに上沼の発言を否定する書き込みをした。

     実はこの騒動「快傑…」の構成作家を務める上沼の次男が、上沼に「梶原はYouTubeでもうかって番組を適当にやっている。本気で向き合ってない」などと進言したことが引き金だったとみられる。別のスタッフは「次男は、上沼さんが梶原さんを可愛がるあまり嫉妬もあってそんな行動に出てしまったのでは」と指摘した。

     上沼は自らを番組で「コロナ鬱(うつ)」と表現。関係者は「上沼さんは笑いを大きくするため、あえて毒舌を吐いたりする。今回は、それがよくない形で出た。現在は精神状態も不安定。いつ矛先が向かうかと在阪各局も戦々恐々としている。次の被害者が出なければいいのですが…」。レギュラーを持つ各局は“暴発”を防ぐため情報共有を行う事態に陥っている。女帝の怒りが早急に収まることを願うばかりだ。

     ▽「快傑…」収録の詳細 「ごちそうになるときの作法」についてのトーク中、上沼が突如梶原に「一度私にごちそうすべき」などと厳しい表情で話し掛けた。高級料亭に20人のスタッフを招待し、200万円分をおごれと迫る場面も。梶原が承諾しても「あなたとは食事しない。嫌いやから」と突き放した。終盤はYouTubeで稼いだ梶原の態度が変わったと主張し「本気で怒ってる。イラついてんねん、君に!」と声を荒らげた。

    2020年07月04日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/04/kiji/20200703s00041000460000c.html

    元スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593813837/


    【【テレビ】上沼恵美子“暴走” キンコン梶原を集中口撃 降板に追い込む】の続きを読む

    1: Egg ★ 2020/06/30(火) 20:04:28.44 ID:hKMtY9Dt9
    1bd22_28_3a173571_e5519d78
    テレビ朝日の看板ニュース番組「報道ステーション」の大幅リニューアルが囁かれている。注目は新型コロナに感染して一時期、出演を見合わせていた富川悠太アナ(43)の処遇。

     今月4日、富川アナは番組に復帰したが月曜日から水曜日はフリーの徳永有美アナ(44)と小木逸平アナ(46)が、木曜日と金曜日は富川アナと森川夕貴アナ(26)が担当するローテーションが発表された。実質的に富川アナはサブキャスターとしてのポジションに降格されている。

     テレ朝関係者によれば、当初番組サイドは、ほとぼりが冷めた頃に小木アナと富川アナを交代させる方針だったという。ところが予期せぬ事態がボッ発。富川アナが復帰してからというもの視聴率がさっぱり振るわないというのだ。

    ■コア視聴率は「news zero」に完敗

    「この春からビデオリサーチ社の視聴率調査のやり方が変わり、局やスポンサーが注視しているのは従来の世帯視聴率ではなく個人視聴率とコア視聴率。個人視聴率はテレビを全国で何人の人が見ているかがわかる数値。コア視聴率は13歳から49歳までの視聴者層が判別できる数値。

    この基準だと『報ステ』は個人視聴率こそ放送時間帯が近い日テレの『news zero』に勝っていますが、逆にコア視聴率は完敗。端的に言えば『報ステ』は60歳以上の視聴者が圧倒的多数であるということ。逆に『zero』は社会の要である若年層の視聴者層、強いて言えばスポンサーが見て欲しい視聴者を抱えているということです」(テレビ局編成スタッフ)

    ■子育て世代から敬遠

     なぜ富川アナは若年層に嫌われたのか。その理由は明らかだという。

    「富川アナは子育て世代からの受けが悪い。コロナを隠してキャスターを継続した無責任さ。更に言えば『週刊文春』で報じられた妻の子供虐待疑惑について回答していないからです。会見や番組でハッキリと事情を説明できない、つまり後ろめたいことがあると認識されている」(広告代理店関係者)

     視聴者から敬遠されているキャスターを継続させれば、いずれ番組全体の視聴率が下降することは明らか。テレ朝サイドは最終的に局アナである富川アナを更迭すべく調整に入るとみられるが、問題はその後任。別のテレ朝関係者はこう話す。

    「有力候補に挙がっているといわれるのが『モーニングショー』(テレ朝)の羽鳥慎一の朝から夜へのスライド説。あの安定感と好感度は男性アナのなかでナンバーワン。コロナ報道に際しても冷静で株をあげました。もう一人は、元大阪市長で弁護士の橋下徹。アクは強いが、AbemaTVで放送中の『NewsBAR橋下』も好評。今月20日の放送には安倍首相が出演して話題になりました。本人さえその気があれば案外ハマるのではないか」

     降板が現実となった場合の富川アナは、「バラエティーをやらせるわけにもいかないので、ワシントンかニューヨーク支局でしばらく様子を見るという話が出ている」(前出のテレ朝関係者)。 もっとも、「話はあくまでもまだ調整段階。仮に視聴率が上向けば風向きは変わってくる」(同前)というが、さまざまな思惑が絡み合い、水面下での動きが活発になってきたのは確かだ。

    2020年6月30日 9時26分 日刊ゲンダイ
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18495875/

    元スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593515068/

    【【テレ朝】<報道ステーション>視聴率ジリ貧!60歳以上の視聴者が圧倒的多数!富川アナの後釜に羽鳥慎一と橋下徹が急浮上】の続きを読む

    1: muffin ★ 2020/06/28(日) 11:30:26.48 ID:ptLp0Z099
    P3209050
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/06/28/0013462916.shtml
    2020.06.28

    「元暴走族総長」という異色の落語家・瀧川鯉斗(36)が28日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、前10・00)に出演し、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也(32)について「ぶん殴りたい」と過激にコメントした。

     手越は今月19日付けでジャニーズ事務所を退所、23日には会見を開き、自身の思いを語っていた。中居も今年2月21日に会見を開いて、3月31日で退所すると発表していた。

     約2時間の会見をしっかりと見ていたという鯉斗は、開口一番「ぶん殴りたいですね」とズバリ。肩書が強烈なだけに、コメンテーターとして出演していた中居正広(47)やダウンタウン・松本人志(56)もビックリだった。

     それでも鯉斗はお構いなしに「一言も日本国民に『すいません』という言葉が無かった。それに腹が立って」と説明。さらに、手越が緊急事態宣言中に女性を伴って外出していたことに「『男・手越として』って言うなら、ガールフレンドをコロナに感染させちゃうかもしれない、殺しちゃうかもしれない。そういう女性を守れない心持ちでいる『男・手越』、ぶん殴りたい。弁護士さんのところに座ってたら5000発くらい」と遠慮は無かった。

     ストレート過ぎるもの言いに、松本も思わず「気持ちええなぁ」と感嘆の声を漏らしていた。

    元スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1593311426/

    【【ワイドナ】元暴走族総長落語家、手越を「ぶん殴りたい」「一言も日本国民に『すいません』という言葉がなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ